690.jpg

童話「カエルになった王子様」...「カエルの王様」?

ところで、いつ頃から持ってるのか全くわからないけど...

これ何なんだろう?

紙で型押ししてちょっと立体的で...シールなのかな?

裏面に水を付けると張り付くのかな...。



物語の内容は...

むかしむかし、あるところに、かわいいお姫さまがいました。
お姫さまは、お城の近くの泉(いずみ)のほとりで、
マリ投げをするのが大好きです。
ところがあるとき、投げた金色のマリが泉の中に転がって、
そのまま沈んでしまいました。
「ああ、どうしよう・・・」
沈んでいく金色のマリを見てお姫さまはシクシクと泣き出しました。
すると、
「泣いたりして、どうしたのですか? かわいいお姫さま」
なんと、泉の中からみにくいカエルがよびかけてきたのです。
 お姫さまはちょっとビックリしましたが、カエルにいいました。
「大切な金のマリが、泉の中に落ちてしまったの」
「そうですか。では、わたしがひろってきてあげましょう。
でもそのかわり、わたしをお友だちにして、いっしょにごはんを
食べたり、いっしょにベッドで寝かせたりしてくれますか?」
「ええ、いいわよ」
お姫さまは、カエルと約束しました。
でも、カエルと友だちになるのはいやなので、お姫さまはカエルが
マリをひろって来てくれたとたん、マリを持ってお城に走って帰りました。
次の日、お姫さまがみんなと食事をしていると、だれかが戸を
たたいてよびました。
「お姫さま、戸を開けてください」
「だれかしら? ・・・!」
お姫さまが戸を開けると、そこには、あのカエルがいたのです。
「姫や、何をそんなに怖がっているのだね?」
王さまに聞かれてお姫さまは、外にマリをひろってくれたカエルがいて
そのカエルとお友だちになることを約束してしまったのだと話しました。
すると王さまは、いいました。
あいてがカエルでも、約束したことは守らなくてはいけないよ」
 そこでお姫さまは、いやいやながらもカエルを部屋の中に入れると
いっしょに食事をして自分の部屋に連れて行きました。
するとカエルは、いっしょにベッドで寝たいと言い出したのです。
「まあ、カエルのくせに!」
お姫さまはすっかりおこって、カエルをつまみ上げると、
力いっぱいかべにたたきつけました。
ところが、カエルはしたに落ちたとたん、やさしい目をした王子さまに
変わったのです。
カエルは、悪い魔女(まじょ)に魔法をかけられていた王子さまだったのです。
お姫さまは王子さまと仲良くなり、結婚して幸せに暮らしました。


えぇ~~
カエルを壁に叩き付けて床に落ちたら王子様になるの?




サイズ:15cm×12cm




登録してみました
良かったらポチッてね
にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

05/04|sticker【シール】コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

☆nonjing☆

Author:☆nonjing☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
ケロタン
ケロタンをクリックすると...     楽しいメッセージが表示されます♪
ケロコロ
癒しかえる
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR